谷ようこさんの興味深い経歴と海外での活動についてお話を伺いました。インタビューの地はインド。ヨガフェスティバルに訪れたホストの所とようこさんの出会いに始まります。ようこさんの今までの海外への移住体験や、奄美大島での文化活動について共有してくださいました。ダンスの世界でのクリエイティブな経歴から、国や文化の違いによる様々な困難についても言及されました。クラシックバレエからの転身や、カナダ留学からのフリーランス活動、シルク・ドゥ・ソレイユでの経験など様々なダンスシーンでの活躍も述べられました。特にビザ取得の難しさや異なる国でのダンス活動に関するエピソードは興味深いものでした。

また、奄美大島での文化活動に焦点を当て、地域振興や芸術の普及に貢献しているしている内容にも触れていいただきました。日本や海外での舞台裏やエピソード、現在の奄美大島での活動に至る経緯など、多岐にわたるテーマにわたって深く話をされました。


谷 ようこ

ゲスト:
カナダ/ドイツ 現在フランクフルト/東京/奄美大島 3拠点 舞踊家 日本人初のシルクドソレイユ契約ソロダンサー 谷 ようこ

日本人初のシルクドソレイユ契約ソロダンサー🎪
さらに同団日本人初アシスタントアーティスティックディレクターと振り付けを担当🤗 
ドイツ各劇場の契約後、フリーランスとして
現在フランクフルト、東京、奄美大島を3拠点にして、国内外で、公演、振り付けの他、年齢を重ねれば重ねるほど動ける姿勢法という身体づくりを教えています✨
出演やレッスンのお問い合わせはDM💌でお気軽にお問い合わせください😊

https://www.yokotani.com
https://okoyinat.wixsite.com/website


ゲストQ&A

移住全般について

移住先はどこですか?
ドイツ フランクフルト
その場所を選んだ理由はなんですか?
フリーランスになってから動きやすい都市だから
いつまで移住先に住む予定・住んでいましたか?
次の行き先に導かれるまで。
いままでの海外遍歴を教えてください
アメリカ NY、カナダ トロント、ドイツ コーブルグ、ヴュルツブルグ、シュツットガルト、ベルリン 、フランクフルト、北米ツアー62都市、フランス パリ、イギリス ロンドン、リーズ、 韓国 ソウル、釜山、スペイン、ポルトガル、アイルランド、トルコ、イタリア ナポリ、イスケア、ミラノ、ボローニャ、シシリア、インド 他。
移住前の英語・現地語のレベルはどうでしたか?どうやって勉強しましたか?
リスニングがダメだった。テレビやラジオで自己流で勉強。
なぜ海外に移住したかったんですか?
海外で仕事としてアーティストとしてやって行きたかった。
どうやって移住を実現しましたか?
ヨーロッパの国、州の劇場、または大きなカンパニーで契約をもらって実現。
海外移住してよかったことはなんですか?
日本での固定観念が海外では必要なく、自分でいられること。
海外移住して大変なことはなんですか?
言葉、生活など、外国人として生きる。いろんな違う人種の集まりで自分の常識が通用しない。
将来的に他の国への移住も考えていますか?また、それはどうしてですか?
生きているうちに可能性があるなら挑戦し続けたいから。

仕事について

いまの職業は何ですか?
アーティスト、舞踊家、表現者、ゲスト講師、ゲスト教師
職業の種類を教えて下さい
フリーランス クライアントは国内外
どうやってその仕事を見つけましたか?
トレーニング、オーディション、コネクション、経験 などを得て。
海外で働いてみてよかったことはなんですか?
世界中に仲間ができる。
海外で働いてみて大変なことはなんですか?
言葉、考え方や生活習慣、文化の違い。
日本でやってきたことで、海外でも役に立ったと感じる経験やスキルがあれば教えて下さい
踊り、人を楽しませる術、ジョーク。
逆に、日本でやってきたことで、海外では役に立たなかったと感じる経験やスキルがあれば教えて下さい
人の顔色を見て決めたりすること。自分を卑下すること。人を敬いすぎること。
海外でキャリアを構築する上で特に意識していることがあれば教えて下さい
人との縁。
将来的に日本に帰国し働くことも考えていますか?
現在両方を挑戦中。

Contents


Topに戻る

フィードバックはこちら

エピソード一覧に戻る